米国ETF投資(VTI, レバレッジドPF) 月次記録 2020年6月

2019年9月に1回目の買付を行い、2020年1月から本格的に米国株ETF投資を開始。

買付後すぐにコロナショックというスタートでしたが、資産額はだいぶ戻ってきています。

先月(6月)は資産が横ばい。追加投資等も行っていないため、変化の少ない月でした。

投資方針

投資方針については過去に記事をアップしています。

関連記事

年始に書くと言いながら3ヶ月が経ってしまいました。 ただ、その間に学んだことも多く、それらも反映できる形になったのは結果オーライとしておきます。 現状 2020年3月現在、年齢30歳の独身。社会人6年目が終わろう[…]

 

2020年6月の買付

今月は買付を行っていません。

 

2020年6月の配当

配当目当ての投資ではありませんが、ETFからたまに入るので、記録だけ残します。

6月はBNDから$12.4だけ配当がありました。

額も少ないため、再投資は実施していません。

米国ETF投資状況

VTI(バンガード・トータル・ストック・マーケットETF)

VTIはまとまった資金ができた際に都度買付を行い、長期ホールドすると決めている枠です。

前回(5月末時点)

5月末時点

所有枚数に変化はなく、priceが$153.7から$156.5に微増。

VTIは長期的に保有し続ける枠ですので、記録だけ毎月続けていきます。

レバレッジドPF (SPXL 40%, TMF 30%, BND 30%)

前回(5月末時点)

5月末時点

こちらも追加の買付は行っておらず、先月比で微増です。

一応、収益率はプラスに転じていますが、売買時の購入手数料で消えてしまう程度の収益です。

比率も理想としている40:40:30から大きくは離れていません。リバランスをすぐに実施する必要もなさそうです。

合計(VTI+レバレッジドPF)

 

VTIとレバレッジドPFを足し合わせたときの、ETF投資資産と収益率のトレンドです (3月初旬から集計)。

青(Total額)が黄色のライン(入金額)を一瞬だけ超えており、プラスに転じましたが、月末時点では再びマイナス側にいます。

一時期の乱高下はなく、安定している状態です。

コロナの第2波や株価の2番底を警戒している人もいますが、気にせずにお金がある程度貯まったら追加投資をしていきたいと思います。

 

2020年7月以降について

7月には6月の貯金とボーナスを使用した追加買付を予定しています。

レバレッジドPFの投資をもう少しだけ増やす予定です。

 

コロナの余波がまだ残っていますが、お身体には気をつけて過ごしてください。