米国ETF投資(VTI, レバレッジドPF) 月次記録 2020年5月

2019年9月に1回目の買付を行い、2020年1月から本格的に米国株ETF投資を始めました。

今月も月次記録を書いていきたいと思います。

5月は先月と同様に、3月にあった暴落から少しずつ株価が値を戻しています。

また、リバランスも兼ねた追加投資を行っています。

投資方針

投資方針については過去に記事をアップしています。

関連記事

年始に書くと言いながら3ヶ月が経ってしまいました。 ただ、その間に学んだことも多く、それらも反映できる形になったのは結果オーライとしておきます。 現状 2020年3月現在、年齢30歳の独身。社会人6年目が終わろう[…]

2020年5月の買付

  1. レバレッジドPFのりバランスも兼ねた追加買付(TMFとBNDのを追加買付)

追加投資資金が確保でき、レバレッジドPFのSPXL比率が高かったため、追加の買付を行っています。

関連記事

まとまった投資資金ができたので、米国ETFの追加買付を行いました。コロナウィルスによる外出自粛ムードもあり、支出が少ないことも寄与しています。 自分はVTIとレバレッジドPF(SPXL、TMF、BND)の2つを投資対象の軸としていま[…]

米国ETF投資状況

VTI(バンガード・トータル・ストック・マーケットETF)

VTIはまとまった資金ができた際に都度買付を行い、長期ホールドすると決めている枠です。

前回(4月末時点)

 

5月末時点

 

所有枚数に変化はなく、priceが$145.8から$153.7に約5%伸びています。

収益率もマイナス一桁台まで戻してきており、回復している様子が目に見えてわかります。

再び下がる可能性もありますが、VTIは長期的に保有し続ける枠ですので、記録だけ毎月続けていきます。

レバレッジドPF (SPXL 40%, TMF 30%, BND 30%)

前回(4月末時点)

 

5月末時点

 

TMFとBNDの追加買付を行っています。TMFは147→217枚、BNDは75→102枚と約25%増です。

収益率が-0.8%まで改善しており、プラ転も近い状態。順調に行けば6月でプラスに転じる可能性もありますが、株価は読めるものではないのであくまで期待です。

5月中旬の追加買付はリバランスの目的もありましたが、ポートフォリオを見るとSPXLが43.2%とすでにやや高めになっています(設定値は40%)。

まだリバランスするタイミングではありませんが、乖離が大きくなるようでしたら検討していきます。

合計(VTI+レバレッジドPF)

VTIとレバレッジドPFを足し合わせたときの、ETF投資資産と収益率のトレンドです (3月初旬から集計)。

黄色の入金が増加してるものの、それ以上に青の資産が増加しています。収益率も一桁前半台まで戻しています。

3月中旬に一時的にではあったものの$50,000を割り、-30%まで下落していた時期と比べるとかなり回復しています。

 

2020年6月以降について

予想ですが、相当な値動きがない限り、6月は買付・売却を実施しないと考えています。

そして、6月の貯蓄分と7月初旬に受け取る賞与で追加買付を行う予定です。

次回はVTIの買付もあると思いますが、割合を明確に決めていないのは良くないことですかね。ざっくり半々など、指標くらいは作りたいところです。

 

コロナの第一波が収束したとの見方が多いですが、お身体には気をつけて過ごしてください。