オーキド&ミュウ バディストーンボード

レッド&リザードンのバディストーンボードを完成させた後、2体目にはオーキド&ミュウの強化を行いました。

優秀な壁役で、バディストーンボードでは回避、回復などが強化可能です。

アタッカーとしても強化は可能ですが、エスパータイプのアタッカーとしてはミュウツーがいますし、バディーズ技後に使えるほのお、でんき、こおりタイプの技は別のアタッカーのほうが使いやすいかと思います。

ということで、今回は壁役としてのスキル取得の例となります。

バディストーンボード

下方向にある回避率アップ周り、左下にある回復と異常状態耐性、そして上方向にあるスピードスターのわざ後わざゲージ回復を取得しています。

リストにすると、

  • HP +30
  • ぼうぎょ +15
  • とくこう +15
  • とくぼう +10
  • すばやさ +15
  • サイコキネシス:威力 +4
  • スピードスター:威力 +5
  • スピードスター:わざ後わざゲージ回復↑3
  • 登場時回避率アップ2
  • P技後回避率アップ2
  • ピンチ時HP回復4
  • 異常解除

スピードスターを使いながら相手にデバフを加えつつ、自身の回避率を上げていく戦法です。回避率が上がるまでは状態解除やピンチ時HP回復でしのぎます。

特にバトルヴィラで活躍しますが、ピンチ時HP回復4は戦闘毎に発動するため、回復後に相手を倒せば、次のバトルでもピンチになれば再び回復します。

異常解除も初回だけですが、こちらもバトル毎に発動するためバトルヴィラ向きのスキルです。どくやバインドなどは数ターン遅らせるだけでも受けるダメージ量が大きく変わりますので、有用です。

スピードスターのわざ後わざゲージ回復もあるため、ゲージをあまり気にせずスピードスターを打つことができ、数ターンも経てば相手の攻撃をどんどん回避してくれるようになります。

サポート役に主人公&ピカチュウを入れてキズぐすりによる回復も併用することで、1日に5バトル以上も耐えてくれるようにもなります。

頑張ればリセットを繰り返して、運ゲーに持っていくことも可能でしょう。忘れやすいですが、スピードスターのデバフも運要素に含まれています。こうげき、とくこうダウンを引けばダメージ量が下がりますし、命中ダウンを引けば攻撃を外してくれる可能性も出てきます。

最近は、レッド&リザードン、主人公&ピカチュウ、オーキド&ミュウの3人で編成でどこでもクリアできてしまっています。

マジコスカミツレ&ロトムを持っている方はミュウのポジションをロトムにしたほうが良いのかもしれませんが、ガチャで引けていない人はミュウを育成してみてはどうでしょうか。

最近始めて、ミュウを持っていないという方は復刻を待ちましょう。